好奇心が止まらないッ!!

35歳、合気道、レスリング、柔道、コーチングを学ぶ好奇心旺盛すぎる船長の記録

【トレーニングが】35歳からのレスリングトレーニング、やればできる【面白い】

time 2019/06/18

【トレーニングが】35歳からのレスリングトレーニング、やればできる【面白い】

6月から始めたレスリング。息子と一緒にトレーニングをするようになり、息子の動きが良くなっていく姿を見るのは親として嬉しく思います。

35歳からのレスリングとは?

通っているレスリングクラブではフィジカルトレーニングに時間をかけていき、それから1対1のタックルトレーニングなどをしていきます。

  • 室内ランニング
  • 6種類のトレーニング、日によって1種類35秒〜60秒
  • 1、パイロンステップ
  • 2、ラダーステップ
  • 3、バービー&ボックスジャンプ
  • 4、腕立て
  • 5、トレーニングロープ
  • 6、ジャンプ
  • 首のストレッチ
  • 前転や側転、開脚前転、後転、3点倒立ブリッジなどをする体操
  • 1対1で交互に寝技トレーニング
  • タックルを避けるトレーニング
  • 1対1でタックルトレーニング

子供は小学生から、大人は45歳の方まで参加しています。大人、子供を交えて120分のトレーニングを行います。大人は「こ、腰が・・・」と言いながらも全てをこなして、子供達と一緒に頑張っています。

 

子供では楽勝そうにこなしていくけど、大人は年を重ねていくと腰が曲がらなくなったり、股関節が硬くなったりしますよね。やはり自分もそれがネックとなっています。

レスリングに参加してもあちこちを痛める事があります。今回は開脚前転をした時に股関節を痛めましたね。

 

とは言いましても柔道では打撲、レスリングは体の硬さからくる痛みですかね。合気道でも手首を極めるのでアザになったりします。

 

特にレスリングは、首や背中など普段から使わない箇所に負荷をかけるから最初は痛めやすいと思いますが、参加回数を増やしていけば可動領域が広がっていきしなりやすい背中や腰になっていくと思います。

 

事実、初参加した時よりもレスリング的な動きが少しできるようになってきました。

キャプテンの目標

これからの目標としては、立った状態からブリッジができるようになりたい!

寝っ転がった状態からブリッジはできるのですが、立った状態からは途中から腰が曲がらずに難しい。

その為には徐々にブリッジを慣らしてく必要がありますよね。

最近は寝起きから30秒間ブリッジをベッドで行うようにしました。しばらくは30秒で続けていき、背中、腰を慣らします。

 

 

これからも好奇心のまま色んなことに挑戦していきます!

 

ではでは、次回の更新をお楽しみに!

投稿者プロフィール

yutacom
yutacom
こんにちは、スズキです。ユニークなブロガーと出会うため、文章力を養うため、ブロガーライフを始めました。趣味は合気道と柔道、DIYです。

down

コメントする




CAPTCHA


死ぬまでにやりたい100のバケットリスト

好奇心が止まらないブロガー!

YUTA SUZUKI

YUTA SUZUKI

★26歳から合気道を習い(35歳継続中)★32歳からさらに柔道にも挑戦(35歳継続中)★勢いに乗って35歳からはレスリング、ズンバに挑戦中!現在はコーチング技術を身につける為に認定コーチ養成講座で勉強中☆スポーツ&コーチングの組み合わせを強みにして爽やかに生きていこう!このブログは2015年から始まりました。船長として週間15000PVの釣りブログを運営中! [詳細]

ブログ投稿カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031