好奇心が止まらないッ!!

ブログの楽しみを発見するライフスタイル

腕力だけじゃない、足や腰のパワーを活かす!合気道の魅力について語ろう。

calendar

10月は豪雨や荒れた海でも出船しているのに、さらに台風の影響で避難港に船を移動させたり、陸に船を揚げたりとてんやわんやなスズキです。

しかしながら、そんな中でも明るい事を意識して進みたいじゃないですか。今回はテンションが上がるように武道の話を記事にします!

合気道は身体の使い方を学ぶのに良い

大人も子供も技を同じように習う

身体の大きさはあれど、2人1組で1つ1つの動きを正確に習うのが合気道の魅力です。技をかける方を仕手、受ける方を受けとして、右側と左側で技を出します。大人も子供も同じように動きを習い、同じように効果があるのが面白いんですよ。

身体の大きさ、動きの上手い、下手はあっても小学生でも正確に技をかけることが出来れば大人にも効きます、これって素晴らしいなと思うんですよ。

相手の動きを利用する

相手の打ってきた正面打ち、横面打ち、顔面突き、中段突きなどの勢いを利用して自分が有利なように投げ技へと転じる。相手が攻撃しているのに自分が有利になっている状況は面白いです。

体重移動

足の裏の母子球を使って自分の向きを瞬時に変えつつ、相手を崩せるように自分の体重が乗る位置も変えていきます。慣れてきたらコンマ数秒でこの動作を済ませて投げに入ります。

「あっ!」

と言う間に崩されて投げられちゃいます。黒帯同士だと暗黙の了解で本気モードでやる事があります。一瞬の技の掛け合いに技量が現れるので稽古不足だと粗が目立ちます。コンマ数秒の動きを磨くために、日々の稽古が必要なのは武道の魅力ですわ!

身体全体を使えると上達する面白さ

「フンガーッ!!!」と自分に力が入りすぎていると腕力に頼りがちになります、一応投げれるんだけど・・・身体から出るパワーが相手に伝わりにくい。

身体に芯を残しつつリラックスした状態になれると足と腰のパワーも活かせるようになり、より良い技がくりだせます。ぼくはこうなれるように努力しているところですね。

合気道のさらなる上達を目指して柔道にも挑戦!

井の中の蛙であってはならない

そんな気持ちがありまして柔道も学んでいます。

部活以外にも月謝を払ってまで柔道を習いにきている中高生達と一緒になり稽古をしています。彼らの柔道に対する熱意を受けつつ稽古をしていると、ぼくも自然と向上心が湧いてきてテンションが上がってきます。県のトップクラスや金メダリストの柔道家も来たりする道場なので、その方々の動きを見るのも勉強にもなります。

痛めつける柔道はしたくない

合気道を習っているが故に袖を掴まれたり、肩を掴まれた時は咄嗟に合気道の技で崩す事をします。合気道で学んだ動きを柔道で実践しているんですけど・・・相手の手首や肘を痛めてしまう危険があるので今は封印しつつあります。

相手を痛めつけるような柔道はしたくありません。ですから、自分なりの改善策として合気道的な感性で相手の動きたい方向を読み取って投げに入る。この方法を練磨していけば本当に自分がやりたい柔道、武道に近づけるような気がしていて実践しています。

これからのスズキユウタ!

合気道的な感性で挑むといっても、自分の使える技の種類が少ないので今後は対応できる技を増やす必要があります。さらなる努力ですよ!

自分の体重は64kgですけど、柔道では100kg級の人を投げる、倒す事を目標に掲げています。これが可能となるような力、技術を身につけられるように今後も挑戦は続きます!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


ブロガーライフ探求者

YUTA SUZUKI

YUTA SUZUKI

ハマったことにはストイックに取りくむ性格。興味の湧いた事にはとりあえず挑戦&体験!26歳から合気道を習い、32歳からさらに柔道にも挑戦中!現在はコーチング技術を身につける為にフセンとコーチングスキルを駆使したブログにもチャレンジ☆このブログは2015年から始まりました。船長として週間15000PVの釣りブログを運営中!